>

ネットでの風評被害とは

削除を交渉する

ネットで自分の個人情報やプライバシーの侵害、誹謗中傷などが行われた場合には、サイトの管理者に削除を依頼をしましょう。

まずは、削除してもらいたい情報が掲載されているサイトに、削除してもえるように交渉を行います。
サイトを運営している管理者が明示されている場合には、メールなどで連絡を入れられますが、サイトによっては、明示されていない場合があります。
その場合は、ドメイン登録者に連絡することになります。
それも判らない場合には、弁護士に依頼すれば、ドメイン登録者を調べられます。

また、サイトによっては削除依頼フォームが用意されている場合があります。

ただし、削除の交渉を行えたからといっても、相手が削除要請に応じない事が多いです。

交渉に応じなかった場合には

例え、削除交渉を行ったとしても、サイトの管理者が、削除に応じてくれない場合があります。
削除交渉に応じない場合には、裁判所に仮処分の申し立てを行うことになります。

裁判で判決が決まるまでには時間がかかります。
しかし、ネットでの風評被害などは、可能な限り早く削除しないといけません。
仮処分は、裁判が決まるまでの時間を待っていると不利益を被るという状況に際して、権利を守るために一定の処分を行える手続きになります。
ネットでの風評被害で、多くの人の目に情報がさらされ、それにより不利益を被る恐れがあります。
なので、仮処分によって、サイトの書き込み記事に対して、削除命令を出してもらうことができます。

この方法は、自分でも行う事ができますが、仮処分の必要性があることを申立書に論理的な理由を記入し、その証拠を提出して、審尋を受けることになります。
時間と労力がかかるので、弁護士に任せてします方が早く事が進みます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る