>

弁護士に依頼した場合

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼すると、弁護士が代理人として、表に立って活動してもらえます。
削除依頼を行った際には、サイトによっては、削除依頼の文面を公開されたり、身分証明を求められる場合があります。
自分で対応すると、新たな誹謗中傷を受ける可能性があり、精神的な負担が大きいです。

弁護士に依頼した場合には、すぐに該当記事の削除依頼を行ってもらえるので、早期解決が望めます。
連絡先が分からない状況であっても、サイトの管理者を特定して、削除の依頼を行ってくれます。
削除依頼を受けてもらえなかったとしても、裁判所からの仮処分を利用して強制的に削除させられます。
サイトの管理者に削除依頼を行う事や仮処分申請など時間と労力がかかる事を代わりに行ってくれます。
また、書き込みを行った相手を特定したい場合にも、弁護士であるならば、各種手続きを行う事で、書き込みを行った相手を調べられます。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼するときは、やはり、お金がかかります。
記事の削除を依頼する場合には、依頼料としてまず5万円、削除が成功した場合には報酬として5万円程度払う事になります。
仮処分を申請する場合には、依頼料が20万円、仮処分が申請された場合には15万円程度、支払います。
書き込み相手を特定するのに、任意でのプロバイダーに開示を要求する場合には、着手金5から10万円、成功報酬が15万円程度かかります。
上記の方法で、プロバイダーが任意での公開を拒否した場合には、発信者情報開示請求での訴訟を起こすことになり、それに勝訴できれば知ることができます。
着手金が20から30万円、成功報酬が15から20万円程度かかります。

これらの費用は、それを行うと、その都度かかる事になります。

無料相談を行っている場合があるので、まずは、相談から入ると良いでしょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る